大きくする 標準 小さくする

この記事を書いたメンバー

つるが舞さんのブログ

特撮シーンのテストみたいで楽しいです

投稿日時:2017/03/12(日) 00:47rss



 あれから、怪獣漫画を3DCGで制作するためのテストやら工程表(マニュアル)を作っています。

 怪獣が都会で暴れ回るシーンを、どうやって作るか?
 いろいろ実験しています。


f32661cbf538463dbcc952d2a914453f.png


 ポイントは手間をあまりかけずに、それなりの効果が出る方法の習得です。


7daa7c0da6fd5515a531aa97f7bcb786.png


45a4b69e68ac2ec9c1fff73086423230.png


 こちらはパーティクルで作っていた爆発シーンのテストです。
 手数が多い割に、この方法は割に合わないというか、結果もそんなに良くさせられないのでやめました。私のスキル不足です。
 イチから自分で作るより、ParticleIllusionで素材を貼り付けましょう、そうしましょうと。苦手なことは、とっとと撤退です。


fa2e27747b0c21ac2881c9129cbe7ac7.png


 こちらは、ビルの壁面を怪獣が突き抜けるシーンを想定したテストになります。


961ec97a7a552c1dca7ea25ca706dd49.png


b1bf3f978b71509b91bcc99e116dfe6a.png


 結構、良さげです。


2863323031eccba4b694a6a12e5b0936.png


 ついでに、怪獣の尻尾がビルをえぐるという、エグイ(?)シーンのテストもしてみました。


2512af62ff8bee8304459aad23101802.png


c9c600ab3b0798e6d692374ded304f75.png


8425a329c408f73686b38084298dfa25.png


 気持ちいいくらいに、ハデにぶっ壊れてくれています。


efb529f64f034ae1357e0e9a4771fc45.png


299750cb9defe916eb75587ca10f5124.png


4d7012174ba46efb04491754424b62b7.png


7ca08019adf61a94392deba455eccf56.png


0a3fd98b3c257be5500f846583539326.png


fcac0656066d63a3f8250f236c118fbf.png


f5af4d6c8d880e32f1f2fe68474ee9ec.png


f32661cbf538463dbcc952d2a914453f.png


0b24870abe7bcf48a2e1aabccb59e4d3.png


 煙のエフェクトを加えるテストも行いました。


c8256529d6ba11a620f9214293d50bee.png


3afe2f48d89f776a26d6202def427734.png


557c95e5a1d8157d3901e1e97d145096.png


7ab9801ad4c62769595bbabab234e4b5.png


 色の濃さや透明度……どのくらいが丁度いいのか、悩みますねー。


f54d4c9613480c7aefd6c3438857fcad.png

 アップで寄ると、こんな感じになります。
 ここに、事務机やパソコン、会社員がまぎれて落ちているとリアルな絵になるんですが……さすがにそれはエグすぎるので、そこまではやりません。
 あくまでも、それらの恐怖を読者に想像してもらうという方向で……演出していきたいですねー。


bfdaad0046e6a80dd7db7eff9e5c308f.png


9c1397f72aa5b29153e92be83bff18f7.png


49a17f42a97f5828609c2e6d8c41df59.png


 とにかく、いろんなソフトウェアを使うので、それらの操作方法やら作業の流れをテキストに打ち込んで、自分なりのマニュアルを作っているのですが、どんどんページ数が増えていって、ちょっとした論文みたいになりそうな勢いです(苦笑)。


 そんなわけで、怪獣漫画であり、巨大ヒロインの活躍するデジタルコミック『ウルティマゴッテス~巨人娘』の制作準備は、着々と進んでおります。



 最後に、最近読んでる書籍の紹介などをします。


◆Magic Visualizer(マジックビジュアライザー)
6abb38dedc47f9e83de0e145667ed817.jpg

 合成(コンポジット)について、丁寧に書かれてあって勉強になりました。
 今まで、カラコレとカラーグレーディングの違いすら私はわかっておりませんでした! その違いを理解できたうえに、使えそうなプラグイン、ソフトウェアの紹介もされていて、それらの操作方法も学ぶことが出来ました。
 だからといって、すぐにプロの方々のスキルに追いつけるものではありませんが、だいぶ今後の制作を楽しもうという気にさせてくれる本でした。


◆マヤ道! !
35d164fffce12a83fc6289795d30d31a.jpg

 これは読み応えのある漫画でした!
 まさか3Dソフトの解説をコミックで行うとは! だいぶ前から読みたいと欲しいものリストに入れていて、ようやく読むことが出来ました。漫画ながら「あっ! そこ知りたかった!」と思えるようなシーンがいくつかあり、今まで謎だった部分がようやく解明できるという、推理小説のような楽しさがありました。個人的には、かなりヒットな本でした。


◆フォトバッシュ入門 CLIP STUDIO PAINT PROと写真を使って描く風景イラスト
796a9c2b49f680b880bdab8aaff23526.jpg

 こちらも、前々から読みたかった1冊です。
 合成のための手間をこんなにかけているんだと、読みながら呆然としました……。
 逆に言うと、そこまでビジュアルレイヤーを数多く重ねているからこそ、作例のような美麗なイラストが出来るんだと納得です。
 こちらはレベルが高くて、なかなか自分には真似できそうにない内容でした。しかし、知識として得られたのは大きな収穫です。


◆Blender標準テクニック ローポリキャラクター制作で学ぶ3DCG
08138432242e2dcd1a8feb2fad0e5da5.jpg

 Blenderは前々から気になってるソフトでして、なかなか学習の時間を取れずにいたのですが、これを読むことで理解を深められたらと思って購入しました。
 まだ届いたばかりで、ざっと見た程度なのですが、モデリングのテクニックについて興味がそそられる内容でした。
 漫画の準備作業の合間に、少しずつ読んでいこうと思います。


◆シン・ゴジラ機密研究読本
88927e4a61cec67fb44cfdf8fb4357a0.jpg

 こちらも、シミュレーションの待ち時間などに読もうと思って買いました。
 同じく届いたばかりでパラパラと部分読みですが、設定や世界観を楽しめる1冊になりそうです。
 他にも『ゴジラ幻論』とか、設定マニアが喜びそうな書籍が出ていて、気になっているのですが、あまり先に買い込みすぎて積ん読になるのもいけないので、先の楽しみに取ってあります。
 いや、実は『ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ』も、まだ買っていなくて……。あれは本が分厚くて重くて読みにくいという、予想どおりの書籍なので(笑)、いずれ電子書籍版が出るんじゃないかと様子を見ております。
 もちろん電子書籍版が出なくても買うつもりなのですが……まじでプチ身体障害者には、重い本は辛いのですよ……(苦笑)。


 というわけで、久しぶりの更新でした!

 ではではまた! ^▽^/







この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:特撮シーンのテストみたいで楽しいです

(ブログタイトル:巨大ヒロイン・コミック計画)

トラックバック一覧