大きくする 標準 小さくする

月川拓海の世界

<<前へ

無理やりHeadShotキャラクターをiAvatorに

 written by 月川拓海 投稿日時:2020/11/22(日) 23:05

Character Creator 3の調子はよくならず、キャラクターを入れたり、目玉を交換するたびにいろんな画像が欠損しているという表示が5個も10個も出てきて、とても疲れます。

キャラクター制作がほとんど進展しないので、今日は欠損画像を探してきて、無理やりHeadShotキャラクターをiAvatorに変換してみました。まだ2個ほど画像が足りないという表示が出るので、完全なキャラクターではありません。でも、ちゃんと動くし、表情も付けられます。

作ったのはキャラクターだけで、髪の毛、ヘア飾り、服、靴などは借り物です。

今日の絵は、HeadShotキャラクター第一号Ririkaです。美肌をつくるのに苦労しました。Toon レンダリングです。

                   HeadShotキャラクター第一号Ririka 

Ririka 背景入り1

Ririka 背景入り2

cubebrushで買い物をしてきました

 written by 月川拓海 投稿日時:2020/11/19(木) 23:41

Character Creator 3 の不調がまだ改善しないため、キャラクター制作が前に進みません。
なので、この2、3日はcubebrushでZBrushやクリップスタジオなどのブラシなどを買い込んでいました。

美肌もまだつくれないので、いいキャラクターは、まだまだできなさそうという気がします。こういう状況でやりたいことといえば、髪飾りの制作なんですね。キャラクター、服、髪の毛も、作るには作りますがメインではなく、メインは豪華な髪飾りです。それで、宝石の素材なども買いました。

Cubebrushの決まりは、基本ライセンスでは販売用最終製品の生涯販売が1000ユニットを超えない場合にしか使用できず、無制限に販売する場合は商用ライセンスを買わなければなりません。複数の人が製品を使用する場合は、スタジオライセンスが必要です。月川の場合、生涯販売が1000ユニットを超える可能性はあるので商用ライセンスがあるものは商用ライセンスを買いました。基本ライセンスしかないものもあったので、cubebrushに問い合わせをするつもりです。

買ったものは合計14個で、1万円を越えましたが、とても楽しめました。

                  今日cubebrushで買った素材

Cubebrush 20.11.19_1
Cubebrush 20.11.19_2

Character Creator 3 が不調のため、キャラクター制作も不調

 written by 月川拓海 投稿日時:2020/11/16(月) 22:54

iCloneが、プレビュー画面で音が出なくなって、バージョンアップしても出ないのでサポートセンターのお世話になりました。指示に従っても結局、音が出るようにはなりませんでした。出力すると音は出るので、我慢することにしました。

この操作中に何度かiCloneをインストールし直したら、今度はCharacter Creator 3 が不調になりました。キャラクターの白目が黒くなってしまいました。デフォルトのキャラクターだけでも9枚の画像の読み込みに失敗したという表示も出ました。白目が黒くなるのも画像の読み込み失敗に関係していると思います。それで、Character Creator 3も3回ほどインストールし直したのですが、改善されませんでした。再びサポートセンターのお世話になっています。

という訳で、美肌作りはもとより、iClone用のキャラクター制作もあまり進んでいません。わずかにHeadShotでつくったキャラクターでわりと気に入ったものができたのでアップしておきます。髪の毛もHeadShotでつくったものです。

本当はちゃんとした髪の毛と服も作る予定です。

                 白目が黒くなった不気味なキャラクター

CC3 &#8237;不具合で黒目

Reallusionのマーケットプレイスで買い物をしてきました

 written by 月川拓海 投稿日時:2020/11/10(火) 21:14

美肌作りは、まだ研究途上ですが、Reallusionの動画をたくさん見たのでHeadShotやMAKEUP & SFXの使い方には慣れてきました。そのうちに実演シーンを動画にしてみたいと思っています。

将来的に、服や髪の毛も作る予定なので、サンプルとして気に入った素材を買ってきました。7個で4050 Daポイント(約 4260円)でした。Butterflies Collectionが1590 DAポイントで一番高かったです。これは単に欲しかったから買っただけで、このようなものを作りたいと思っているわけではありません。

            今日、Reallusionのマーケットプレイスで買った素材
Reallusionでの買い物

Reallusion、DAZ、Renderosityのバーゲンでいろいろ買いました

 written by 月川拓海 投稿日時:2020/11/08(日) 20:08

ReallusionのHeadshot Plug-in for Character Creatorは、体験版を使っていたのですが、写真ばかりではなくイラストも取り込めるなど、応用範囲が予想以上に広いことが分かってきたので買いました。11月22日まで、Reallusionの20周年記念半額セール中なので、約1万円で買えました。

DAZでは、kobamaxさんのManami for Genesis 8 FemaleChinese Room他、今月に入って二十数個買いました。無料でいただけたものも多かったです。

RenderosityではantjeさんのSeamless Sweets PatternsなどのSeamless Patterns シリーズを十数個大人買いしてきました。antjeさんの素材はJpg形式のMerchant Resourcesを中心に買いました。iClone用の製品は髪の毛や服が付属しているものが多いので、そういったものも作る予定で、必要なものを買いそろえています。テクスチャが可愛いと、服の見栄えもよくなると思います。

今日の絵は、kobamaxさんのManami for Genesis 8 FemaleとChinese Roomを使って1枚レンダリングしてみたものです。

                      ようこそわが家へ

Manamiさん-min
«前へ