大きくする 標準 小さくする

月川拓海の世界

<<前へ

天空の竹田城跡と紅葉に染まる大国寺へ行ってきました

 written by 月川拓海 投稿日時:2017/11/18(土) 22:55

天空の竹田城跡紅葉に染まる大国寺へ行ってきました。

時間や霧の条件がそろっていなかったので、竹田城跡の雲海は見られませんでしたが、絶景は楽しめました。
竹田城跡へ観光に来られる外国人は、香港、台湾、シンガポールから来られる方が多いそうです。

大国寺は縁結びのお寺としても有名だそうで、コスプレイヤーの聖地でもあり、ネット上にはたくさんのコスプレ写真がアップされています。ご住職さんのお話を聞きましたが、気さくで面白い方だと思いました。

夕食は松茸と丹波牛のすき焼きなど。栗も美味しかったです。お土産屋さんで松茸昆布やお煎餅を買いました。

自分で撮影した竹田城跡と大国寺の写真をアップしておきます。CyberLink PhotoDirectorで少し加工したものもあります。

動画も撮影しましたが、ましなものがありませんでした。観光写真や観光動画は綺麗に撮るのが難しいです。
★★竹田城1
★★竹田城2
★★竹田城3
★★竹田城4
★★竹田城5
★★竹田城6
★★大国寺1
★★大国寺2
★★大国寺3
c?ro=1&act=rss&output=no&id=1833890&name=tsukitaku&pid=51903603

第85回 独立展に行ってきました

 written by 月川拓海 投稿日時:2017/11/14(火) 23:38

京都市美術館で開催されている第85回 独立展に行ってきました。

美しい作品、リアルな作品、意味が解らないけれどもずっと見ていたい作品、ストレートに訴えたいことが伝わってくる作品、面白くて楽しい作品、不気味だけれども何か心に響く作品など、バラエティに富んでいて、見ていて非常に有意義でした。どれもすごく大きい絵なので、異世界へすぐに入っていけるような錯覚を覚えました。

月川は山根須磨子さんのファンなので、山根さんの作品は時間をかけてじっくり鑑賞しました。蓮と若い女性のシリーズの中でも今回の作品は、二人の女性の服の赤と青のコントラストが鮮やかで、二人のポーズにも綺麗な動きが感じられて、すごく素敵でした。

第85回 独立展の受賞者・賞候補者の作品は、ここをクリックして見てください。

受賞された方の中では、河合規仁さんの「春宴満開」が一番好きです。象に乗った少年少女や巨大な月といった、パッと見た目のシュールさも面白いのですが、さらに楽しい仕掛けがしてあって、それは近くで見るか拡大しないと分からないと思うのですが、画面の左下方に小さく密集して描かれた数百人、いえ数千人もいるかもしれないほど大勢の人間の存在です。裸で狐のお面だけをつけて踊りながら歩く女性ダンシングチームや無邪気に走り回る子供などが「河合商店」というお店に押し寄せているのです。お店の中にもたくさんの人影が見えます。「河合商店」が繁盛するようにという宣伝のようにも感じますが、見ていてすごく楽しかったです。

第84回 独立展では、河合規仁さんは「龍神様ノ云ウ通リ」という作品を出品されていて、印象に残ったことを覚えています。

それで河合規仁さんがどんな絵描きさんなのかを調べてみました。1968年愛知県生まれということなので現在は49才。東京藝術大学卒で、現在は東北文教大学の子ども教育学科の教授をされていて、「河合商店」という作中の商店はご自分の苗字をとってつけられたようです。展覧会もよくされていて、河合商店という実在の通信販売サイトも持っておられます。ご自分の絵の販売も数万円からされています。絵画の他に絵皿やこけし、その他オリジナルの蓄光ストラップや手ぬぐい、耳かきなどを展示して販売された展覧会もありました。大きくて高価なものは買えませんが、絵皿やこけしくらいの大きさなら買ってみたいなと思います。

下の動画の6分17秒あたりで山根須磨子さんの絵が出てきます。7分33秒あたりで河合規仁さんの「春宴満開」の絵の一部が左の方にチラリと見えます。
c?ro=1&act=rss&output=no&id=1833890&name=tsukitaku&pid=51903505

Aiko 7が日本舞踊を踊る動画をつくってみました

 written by 月川拓海 投稿日時:2017/11/11(土) 13:25

Aiko7が日本舞踊を踊る動画をiClone 7で作ってみました。
G3FであるAiko7にG2Fの振袖を着せるのに苦労しました。

しかし、正確に言いますとAiko 7は振袖を着ていません。

トランスファーユーティリティで頭部のすげ替えをやるというサイトを見て、頭部のすげかえも試みましたが、ジオメトリーが違っているという表示が出て、上手くいきませんでした。

仕方ないので、結局のところ、以前の方法「振袖を着たGenesisにBJD2の頭部をリンクさせるという方法」と同じ方法を使って乗り切りました。つまり、振袖を着たG2FにAiko 7の首から上をリンクさせただけです。iCloneの中でAiko 7の首から上のキャラクターを振袖を着たG2Fにリンクさせることにより合体させています。見えたら困る部分は非表示にしています。簡単ですが、激しい動きには、首がズレない様に手付で対応しなければなりませんし、ポリゴン数は1体分ではなく、2体分になるので、動画を作る上ではいまいちメリットがありません。お薦めできる方法ではないです。

使わせていただいたアイテム
1. Aiko 7
2. Furisode Genesis 2 Female (s)
3. Sayuri Hair
4. Sayuri Expansion Pack
5. The Streets of Asis2
6. 日本舞踊 いしかわのかたち
7. サウンド こんとどうふぇHiLiさんの「春は来る」
8. 編集と出力 CyberLink PowerDirector 17 Ultra
c?ro=1&act=rss&output=no&id=1833890&name=tsukitaku&pid=51903406

Aiko 7に振袖を着せる試み 2

 written by 月川拓海 投稿日時:2017/11/08(水) 22:10

今日は、昨日半分成功した過程の記録を書いておきます。

そして、なぜ袖のボーンはきれいに入れられたのに、FA(フェイシャルアニメーション)ができなくなってしまったのかを検証しました。

「GenesisやG2F用の振袖をG3F(Aiko 7)に着用させる」ことで失敗し続けたのは、振袖をキャラクターに合わせようとしたからだと思い、逆転の発想として、キャラクターを振袖に合わせることにしました。

お手本にさせていただいたのは、ジェシーさんの次の方法です。
DAZ人体系モデルの簡易セットアップ [フィギュア(アバター)化]
DAZ人体系モデルの簡易セットアップ 2 モーフ化編 [フィギュア(アバター)化
DAZ人体系モデルの簡易セットアップ 3 UV移植編 [フィギュア(アバター)化

今回、月川がAiko 7に振袖を着せるためにしたこと
1.ジェシーさんのコンニャクマンの代わりにAiko 7をGenesisのような大きさにしてGenesisのようなT-Poseをとらせて、DAZ StudioからAiko7_testと名付けてObjectとして出力
 ※ Aiko 7はGenesisよりも小さく、T-Poseをとらせると肘が内向きに少し曲がっています。
2.新たにObject 形式のAiko7_testをDAZ Studioにインポート
3.コンテンツライブラリからGenesis Femaleを追加
4.TransferUtilityで、ソースをGenesis Female、ターゲットをAiko7_testにして、Genesis情報をAiko7_testに移行。
5. 振袖をGenesis Femaleに着用させ、ペアレントをAiko7_testに変更
6. Aiko7_testをノンペアレントにして独立させ、Genesis Femaleを削除
★5 Aiko7-test
上の画像は、Aiko7_testのボーン構造です。当然のことですが、Genesisと同じで、頭部にはAiko 7のような複雑なボーン構造は持っていませんでした。
Parameterタブを調べてみると、Genesisでは存在していたDisplayの下にあるべき「Poseコントロール」という項目がAiko7_testでは、なくなっていました。
なので、ここでFAができなくなってしまったことが判明しました。
★6 Genessis
上の画像はGenesisです。Displayの下に「Poseコントロール」という項目があります。
★7 G3F
上の画像はG3FであるAiko 7です。頭部は複雑なボーン構造を持っています。Poseコントロールではなく、Morphsで表情のコントロールをしています。この違いがFAができなくなってしまった原因なのでしょうか?

まあ、原因は置いておくとして、どうすればこのAiko7_testにFAさせることができるのかが、問題です。どなたか、お解りになる方がおられましたら教えてください。お願いいたします。 c?ro=1&act=rss&output=no&id=1833890&name=tsukitaku&pid=51903344

Aiko 7に振袖を着せる試み 1

 written by 月川拓海 投稿日時:2017/11/07(火) 23:09

DAZ 3Dで、新製品を2個以上買うと、Aiko 7などのキャラクターの中から1個だけ無料でもらえるというキャンペーンにつられて、あまり欲しくなかった安い新製品を2個買ってAiko 7をもらってきました。

Aiko 7は、買おうとは思っていなかったのですが、無料なら欲しいと思いました。なかなか綺麗で、気に入りました。

振袖を着せたかったので、以前失敗した「GenesisやG2F用の振袖をG3F(Aiko 7)に着用させる」ことに再度挑戦してみました。普通にFit toさせるとGenesisでは袖にボーンが入るのに、G3Fでは袖のボーンがなくなってしまうのです。その結果、iCloneに移植したら、袖がビリビリになって上手く揺らせられなくなります。

結論から言いますと、今回の試みは半分成功しました。どういうことかというと、袖には上手くボーンを入れられましたが、FA(フェイシャルアニメーション)ができなくなってしまったのです。詳しいことはまた後日、報告します。

Aiko7の1
上の絵は、Aiko 7のDAZ StudioでのIrayレンダリング。
Aiko7明
これはDAZ Studioで袖にもボーンを入れられた画像。
2
これはウエイトマップ。
振袖Aiko7ボーン表示
これはiCloneで踊らせている画像。 c?ro=1&act=rss&output=no&id=1833890&name=tsukitaku&pid=51903307
«前へ