大きくする 標準 小さくする

月川拓海の世界

<<前へ次へ>>

DAZ のデータが重すぎ

 written by 月川拓海 投稿日時:2018/04/06(金) 23:22

最近買ったDAZ のアイテムのポリゴン数が多すぎて、iCloneに移植しても動画を作れない状態です。

今日は、Littel Pastry Shopのポリゴン数(約190万ポリゴン)を3%にまで減らしてiCloneに移植しましたが、フリーズしまくったので、動画にするのを断念しました。

今日の絵は、動画にできなかったLittel Pastry Shopでの一コマです。

                    小さなケーキ屋さんで

Little Pastry Preview c?ro=1&act=rss&output=no&id=1833890&name=tsukitaku&pid=51907413

Old Japanese Town Edo Vol.5 を iClone 7 へ移植

 written by 月川拓海 投稿日時:2018/04/04(水) 21:41

Old Japanese Town Edo Vol.5を iClone 7 へ移植しました。

このアイテムは、建物のInstance(コピー)が多いので、iCloneへ移植するとガランとした町になってしまいました。

DAZ Studioの中では1429574ポリゴンでしたが、iCloneに移植すると少し増えて1487444ポリゴンになりました。

Obj形式でもFbx形式でもポリゴン数は同じでしたが、建物をSubpropにしたFbx形式のアイテムの方が使いやすいです。レンダリングしない店を削除したり、過疎になった部分にSubpropにした店をコピーして増やしたりできるからです。

iClone 7のVideo Memoryは2.0 GBなので、DAZ の移植キャラクターを2体入れるとメモリーオーバーになってしまいます。かなり工夫しないと活気のある動画が作れないと思います。

このアイテムはちょっと置いておいて、もう三週間近く動画を作っていないので、もっと手軽にできる動画を作ってみようと思います。
★iClone
上の絵は、iCloneに移植した江戸の町5。
今日の絵は、江戸の町5を背景にして1枚つくってみたものです。
                     浴衣娘と江戸の町

★橋 c?ro=1&act=rss&output=no&id=1833890&name=tsukitaku&pid=51907366

DAZ の三月祭りが終わって

 written by 月川拓海 投稿日時:2018/04/01(日) 23:21

DAZ の三月祭り(March Madness)が終わりました。
なにしろすごい割引だったので、毎日チェックするのが忙しかったです。
気が付けば、三月祭りだけで21アイテム買っていました。
定価で買っていたら、合計で622ドル、約6万数千円の出費でしたが、1/3以下で買うことができました。

主なものは、Asian River Bundle、Aiko 8 やSakura 8とその関連アイテム、Little Pastry Shop、Oriental Breeze Pool、Short Pigtails for Genesis 3 and 8 Female(s)、MEC4D HDRI Antique China Super-Megapack、Old Japanese Town Edo Vol.5など。

数が多いのでiCloneに移植するのが面倒になってきて、眺めているだけのアイテムも多いです。

特にOld Japanese Town Edo Vol.5という江戸の町は、1429574ポリゴンもあり、Instance(コピー)も多いので、iCloneにそっくりそのまま移植するのは大変そうです。というのも、Instance(コピー)は、iCloneに移植すると消えてしまうからです。iCloneには、実態のあるものしか移植できません。InstanceはiCloneの中で手作業でコピーすることになります。

使いきれないくらいたくさんの素敵なアイテムに囲まれて、幸せな気持ちになるとともにiCloneへの移植が追い付かないアセリもあります。

これからしばらくは買うのを控えて、動画やアイテムの制作に取り掛かりたいと思います。

★江戸全景低倍
上の絵は、Old Japanese Town Edo Vol.5の全景で、DAZ StudioのIrayレンダリングです。クリックで拡大できます。
★浮世絵屋の娘2
上の絵は浮世絵屋さん。中の商品まで、美しく丁寧に作られています。
c?ro=1&act=rss&output=no&id=1833890&name=tsukitaku&pid=51907288

Zbrush 2018 の新情報など

 written by 月川拓海 投稿日時:2018/03/31(土) 22:38

Zbrush 2018にアップデートされて、何が新しくなったのかを調べてみました。

本家のPixologicでの説明
代理店である株式会社オークでの説明

月川が使う上で最も関係がありそうなことは、Sculptris Proモードができたことと「OBJインポートで頂点カラー情報を読み込めるようになった」ということだと思います。

ZBrushでは、4R7の時代からFBXフォーマットの読み書きができ、マップの埋め込み(ディスプレイスメントマップ、法線マップ、カラーテクスチャー)、3Dレイヤー情報(ブレンドシェイプ)、法線に基づいたスムージング情報、ポリペイント等の情報をサポートしています!というふれ込みです。しかし、4R8から使い始めた月川がFBX形式のDAZ キャラクターをZbrushにインポートして加工し、fbx形式で書き出すと、DAZ Studioに戻した時にはボーンやウェイト情報が見事に吹っ飛んでいました。Zbrush 2018でも試してみましたが、出戻り fbx形式キャラクターは、やはりボーンやウェイト情報がなくなっていました。実際にはDAZ キャラクターの加工は、obj形式のモーフでやり取りするので、当面はこれでもいいのですが、オリジナルキャラクターを扱う段階になると、困ります。あまり急ぎませんが、ボーンやウェイト情報が吹っ飛ばない方法を探さなくては。。。。

      Sakura 8(左)とZbrushで加工してボーンやウェイト情報がなくなった物体(右)

Zbrush1 c?ro=1&act=rss&output=no&id=1833890&name=tsukitaku&pid=51907256

ZbrushがZbrush 2018にアップデートされました!

 written by 月川拓海 投稿日時:2018/03/30(金) 23:50

ZbrushがZbrush 2018にアップデートされました!

そして、Sculptris Proという機能が増えました。
どういう機能かというと「ポリゴンによる制限を考えることなく、ただスカルプトすることができます。Sculptris Proは、含有されているポリゴンが10あるいは何万であるかにかかわらず、どのようなジオメトリやモデルからでも作業を始めることができるようになりました。これにより、ディテールを掴むために十分なポリゴンを含めることを心配する必要がまったくなくなりました。Sculputris Proを使用すれば、簡単にサーフェスにブラシを使うことができます。 Sculptris Proは、いつでもどこでもダイナミックにポリゴンの追加減少を行い、目指す仕上がりに存分に集中できるようにします。」と販売元のサイトに書いてありました。

さっそくSculptris Proという機能を使った動画が投稿されていたので、下に2つほど貼り付けさせていただきます。

Zbrush 2018 IS OUT NOW!!

ZBrush2018のSculptrisProモードでラクガキしてみた。楽しい! c?ro=1&act=rss&output=no&id=1833890&name=tsukitaku&pid=51907228
«前へ次へ»