大きくする 標準 小さくする

月川拓海の世界 2018/9

<<前へ

Riko が成長する動画をつくりました

 written by 月川拓海 投稿日時:2018/09/29(土) 23:19

Genesis 8 FemaleのAiko 8をZBrushで加工したキャラクターRikoの成長動画をDAZ Studioでつくり、Iray Renderingしました。10秒の動画をつくるのは10分で出来ましたが、レンダリングに約30時間かかりました。
後半はCyberLink ColorDirector 7で加工しました。

使わせていただいたアイテム
1. Aiko 8
2. Minami HD and Minami Hair for Genesis 8 Female(s)
3. Eolande Outfit for Genesis 8 Female(s)
4. サウンド 甘茶の音楽工房さんの「月と私」
5. 編集と出力 CyberLink PowerDirector 17 Ultra     

Character Creator 3 がついに発売されました

 written by 月川拓海 投稿日時:2018/09/28(金) 21:30

Character Creator 3(CC3)がついに発売されました。

Iray Render Plug-in for iClone and Character Creatorも同時に発売され、CC Essential Morphs & Skin for CC3 のアップデートもできるようです。

すぐにも使いたい気分ですが、昨日の午後8時頃から始めたDAZ StudioのIrayレンダリングがまだ終了しないので、使っていません。ここでレンダリングが失敗したら困るので、我慢我慢です。

CC3のプロモーションビデオを見て嬉しかったことは、DAZ Studioから移植したキャラクターや服などのウエイトマップをCC3の中で塗り直したり、ポリゴン数を減らしたり、スカルプトして形を修正したりといった夢のような加工が簡単にできることです。

DAZ StudioやPoserででウエイトマップを塗り直したり、リギングしたりするのは、かなり大変なので、非常に嬉しいです。何を最初にやりたいかと言うと、振袖のウエイトマップを塗り直して袖を揺らしたいです。ウエイトの調整は難しいかもしれませんが、挑戦します!

Iray レンダリングができるというのも嬉しいです。Indigoレンダリングは問題が多くて、はっきり言うと失敗だったのではないかと思います。DAZ Studioと同じにIray レンダリングができるとなると、DAZ Studioで動画をつくるよりもiCloneで動画を作った方が、はるかにやりやすいです。

ただ、Iray レンダリングの性質上、レンダリング時間はDAZ Studioでのレンダリングと同じくらいになるのではないかと思います。

DAZベンダーへの道 (14)

 written by 月川拓海 投稿日時:2018/09/24(月) 23:15

肌6種類、頬紅5種類、目10種類、口紅10種類、爪10種類、年齢5種類のサンプル画像をつくりました。よくないものは、今後、差し替えるつもりです。
Riko icon ブログ用
プロモーション用の画像は、いくつつくってもいいようなので、10枚くらいつくりたいです。

あとはRead Meにとりかかって、アイテムの梱包(Packaging)についても調べ始めます。

今日の絵も、プロモ画像のテスト版です。

                  5才のRiko

iconブログ用2

DAZベンダーへの道 (13)

 written by 月川拓海 投稿日時:2018/09/18(火) 23:28

テクスチャに加えてモーフにも欠陥があることが分かりました。
5種類の年齢、6種類の肌の色と、欲張ったことがアダとなって、頬紅やアイシャドーなどをpng画像のままマテリアルとして登録することに難儀しています。
レイヤーとしてなら登録できるので、ひとまず登録しました。
しかし、アイシャドーはひどいので、もう少し時間をかけて納得がいくまで手直しします。

プロモ画像をつくるために衣装やヘアをボツボツ買っています。9月だけで22個ほど買いましたが、Rikoには似合わないというか、あまりしっくりこないものが多かったです。

昨日の自分は他人ですが、明日の自分も他人なので、今日できたムズカシイことはメモするようにしています。モーフやテクスチャの登録の仕方も近いうちにこのブログに書いておこうと思っています。

今日の絵は、プロモ画像のテスト版です。

                    小学生のRiko

教室no

田中一村展に行ってきました

 written by 月川拓海 投稿日時:2018/09/11(火) 20:50

先週は台風21号が滋賀県も通過して、あちこちで電柱をなぎ倒したので、月川の家では26時間の停電になりました。
自宅の庭の藤棚などが倒れましたが、家そのものには被害はありませんでした。
温水が出ないので、水シャワーを浴び、半分溶けた冷凍食品を食べました。
悲壮感はなかったですが、パソコンができないので手持ち無沙汰でした。
東南海地震に備えて、というか、お守りとして自家発電機を買っておこうと思います。

先週末には、滋賀県の佐川美術館で開催されていた田中一村展に行ってきました。
今年は田中一村さんの生誕110年にあたるそうです。彼は独学で画家人生を歩み、コンテストに落選し続け、無名のままこの世を去った人です。
しかし、没後評価が高まり、奄美大島に「田中一村記念美術館」ができ、NHKの『日曜美術館』や新聞で紹介され、各地で展覧会が開催されています。

月川は、NHKの『日曜美術館』を見るまでは全く知らなかったのですが、見たとたんにすごい画家であることが分かったので、展覧会を見に行きました。

「秋色」という名前のつく絵がいくつかあったのですが、それらが特に素敵で、アンリ・ルソーのジャングルやミュシャの装飾デザインのような風味の作品もよかったです。

展覧会は盛況で、こんなにたくさんの人が田中一村さんの素晴らしさをわかっているのに、ご本人がもう亡くなられていることが残念に思いました。

今日の月川の絵は、TT Rikoのプロモーション用の画像のテスト版の1枚です。大人のRikoです。

現在、化粧のpng画像をマテリアルに登録する段階でけつまづいています。目を閉じると半眼っぽくなるので、しっかりと閉じるモーフもつくらないといけないです。

               ドレスアップした大人のRiko

★Riko Adult  Dress2
«前へ

<< 2018年9月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログテーマ