大きくする 標準 小さくする

この記事を書いたメンバー

月川拓海の世界

DAZベンダーへの道 (167)

投稿日時:2020/04/26(日) 22:37rss

約2か月前に作ったVioletta のキャラクターセットのサムネイルを全部作り直しました。

作り直したところ
1. サムネイルの白目が血走っているものがあるので、それらの白目のテクスチャを差し替えて白くしました。
2. 最近買ったライトの方が綺麗にレンダリングできるので、レンダリング画像を全体的に綺麗に統一しました。
 
このお気に入りのライトは、SV Luminosity Lighting Set 03DMs Mirror TalkのLight Set で、同時に適用します。
SV Luminosity Lighting Set 03で使うのはHDRライトで、DMs Mirror TalkのLight SetはSpot Light が3つ組み合わさってできているライトです。現時点では、SV Luminosity Lighting Set 03の03とDMs Mirror TalkのLight Setの 02の組み合わせが一番いいように思います。今回のサムネイル作りでは、すべてこの組み合わせでレンダリングしました。
(なお、プロモ画像の作成では、画像ごとにライトを試行錯誤して変えています。)

と、ここで目の画像を拡大して見ているうちに、下瞼がほんの少し歪んでいることに気づきました。Violetta 70%やVioletta 50%では分からないのですが、キャラクターセットのサムネイルを作ったVioletta 100%では気になりました。

で、Violetta Head モーフを作り直しました。

すると、すべてのキャラクターセットのサムネイルをもう一度全部作り直さなければならなくなり、全部作り直しました。

目や爪などのメイキャップ、ShapeやActor、Card Imageなど、ほとんどがtip画像とduf画像をダブルで作らないといけないので、合計200枚以上を再び作り直しました。

今後、作り直したVioletta Head モーフを使って、プロモ画像の方もすべて作り直す予定です。

それから、キャラクターセットのサムネイルを入れたプロモ画像を新たに2枚ほどつくって完成ということになります。

ここへきての作り直しは、結構しんどかったです。初期の段階でしっかりとモーフやテクスチャをつくっておくことが鉄則だと思います。しかし、モーフやキャラクターセットは、何度も作っていると経験値が上がってきて、たやすくつくれるようになってきました。

下の画像は、上の列から次のようになっています。
1    ShapeとAcor
2    Skin
3    眉毛
4    睫毛
5と6  目
7    目の反射
8    口紅
9~11 単品の化粧
12   化粧セット
13   爪
プロモ画像では、これをこのままではなく、単品の化粧と化粧セットも整理し、数を減らしておしゃれに配置しようと思っています。

         Violetta のキャラクターセットのサムネイルなどのそのまま画像一覧表

キャプチャ統合-min
この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:DAZベンダーへの道 (167)

(ブログタイトル:月川拓海の世界)

トラックバック一覧