大きくする 標準 小さくする

この記事を書いたメンバー

月川拓海の世界

CC3でVRoid風キャラクター作りを目指してみました

投稿日時:2020/12/17(木) 23:17rss

今日は、CC3をVRoidキャラクターに似せて加工しようと思い立ち、試行錯誤しました。

VRoidキャラクターは多少時間はかかりますが「VRoid キャラクターをiConeに移植する方法」によってiCloneに移植できます。最近はVRoid市場がすごく発展してきてBOOTHというサイトなどでいろんな関連コンテンツが売られています。イケメンキャラクターもたくさん登場してきて羨ましいです。

しかし、ベンダーは、他人のモーフを使うことは御法度なので、一から自分の手でモデリングしていかなくてはいけません。CC3のモーフはベンダーも使っていいのですが、やはりZBrushでモデリングした方が早い場合が多いです。

今日作ったキャラクターはCC3のモーフとZBrushを1:2位の割合で使って作りました。VRoidキャラクターとは似ていません。あんなに可愛いキャラクターをつくれたらいいのになと思います。なお、髪の毛は借り物です。

                 20/12/17につくったCC3キャラクター

20.12.17作
この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:CC3でVRoid風キャラクター作りを目指してみました

(ブログタイトル:月川拓海の世界)

トラックバック一覧