大きくする 標準 小さくする
  • トップ
  • ブログ
  • 写真やCG、動画などの映像素材販売サイトについて調べてみました

この記事を書いたメンバー

月川拓海の世界

写真やCG、動画などの映像素材販売サイトについて調べてみました

投稿日時:2017/01/28(土) 16:01rss

昨年、ソフトや素材に使ったお金を計算してみたら、三十数万円でした。ドローンを含めると五十数万円を趣味のCGに使っています。

例年に比べると、少し多くなっていましたが、ゴルフやキャバクラで豪遊する人に比べたら、趣味のCGは遥かに安上がりだと言えます。

でも、買ってばかりではなく、撮りためた写真の有効利用や、趣味にかかるお金くらいは趣味の延長で稼いでみるのもありかなと思って、写真やCG、動画などの映像素材販売サイトについて調べてみました。


映像素材販売サイト」というサイトに動画素材のサイトがたくさん掲載されていました。

動画は、自然界の花や森などが数百円から数万円、高いものは二十数万円で売られていました。
誰でも撮影できるようなものもあれば、一般の人には撮影できないような特殊な動画もありました。

後者の例として、開花や芽吹きを微速度撮影した「Grow! HD / 微速度撮影 開花・芽吹き・発育 HD」(約14万円)や「ラスベガスの空撮2」(約18万円)などがあります。とても綺麗で、誰もが真似してつくれるものではないので、需要もあると思います。
「戦場へ向かう騎馬武者」 は、アート作品のようにカッコいいCGなので、感動しました。

写真やCG画像に関しては、「おすすめ写真販売サイトpixta photolibrary fotolia 徹底比較!」「写真を撮影して稼ぐ<ネットでお金を稼ぐ方法・中級マニュアル6>」というサイトに詳しい情報が掲載されていました。

これらのサイトを読んで、印象に残ったことをまとめてみました。
1.写真販売サイトには、fotoliaPIXTAPhotolibraryという3つの大きなサイトがある
2.ロイヤリティー(著作権の使用料)が高い順、つまり出展者の儲けが多い順に、Photolibrary(50or60%)、fotolia(20~63%)、PIXTA(22~58%)となっている
3. 一般販売 < 独占販売 < 専属販売の順に報酬が多い
4. サイトによるが、一般に売れた枚数に応じてランクが上がっていき、取り分も多くなる
5. 基本的に企業(法人)をターゲットにし、マイナーでニッチな写真を狙った方が売れる確率が高い
6. 写真の片側に広告文章をいれるスペースを残しておく

次に、これらのサイトに登録した人は、どれくらい稼いでおられるのかを調べてみました。
写真販売(ストックフォト)で稼ぐ【主婦や副業でもOK】というサイトで、「トップクラスのクリエイターになると年収1,000万円以上を稼いでいるが、写真販売を副業として行っている人が平均して稼いでいる額は月1~5万円であると推定される」と書いてありました。

むやみやたらに撮影しても、お金になるわけではなく、PIXTA Channelという情報サイトを見て戦略を立てないと稼げないそうです。また、まとめとして、写真販売で稼ぐには、芸術性は全く必要がなく、「使い勝手の良い画像を提供する」ことが肝心であると書いてありました。

自分としては、必死に稼ごうという気は毛頭ないので、撮りためた写真や動画、そして描いてきたCGの中で、売れそうなもの(あるのか?)をアップしていくことにしようと思います。

とりあえず、素材販売サイトで会員登録すると、無料素材が自由にダウンロードできるので、それだけでもかなり得した気分になれると思います。

先を急ぐので、素材を選別してアップロードするのは、かなり先になると思います。

今日の月川の絵は、Photolibraryでもらってきたケーキの写真を背景にしてiCloneで静止画を作ってみました。

                    ケーキ屋さんのポスター

ケーキの  c?ro=1&act=rss&output=no&id=1833890&name=tsukitaku&pid=51895201
この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:写真やCG、動画などの映像素材販売サイトについて調べてみました

(ブログタイトル:月川拓海の世界)

トラックバック一覧