大きくする 標準 小さくする

この記事を書いたメンバー

月川拓海の世界

DAZ StudioのIrayレンダリング時間と質について

投稿日時:2017/03/10(金) 22:08rss

Max SamplesとMax Time を変えてDAZ Studio Irayで6秒の動画をレンダリングし、質の比較をしてみました。見やすいように、動画の後に静止画を入れました。
結論として、6秒の動画なら1時間位でIrayのレンダリングができることが分かりました。
これなら動画作成用として十分使えるので、DAZ StudioのIrayレンダリングは今後も使っていこうと思います。
問題は、iCloneから移植したモーションなどが、どのくらい使えるかということですね。
ライトの使い方も、まださっぱりわからないので、勉強しなければならないです。

楽しみにしていた和風展も少し遅れて開催されるようなので、和風展用の作品はぜひともIrayでレンダリングしたいと思います。

ZBrushCoreでのモデリングもしたいし、暖かくなったらドローンも飛ばしに行きたいし、いろいろ忙しいです。

[共通の設定]
Pixel Size         800×600
Render Type        Image Series
Render Node        interactive
Render Quality Enable   On
Render Qualiry       1.0
Enviornment Mode     Sun-Sky Only

1. P3D Luna
2. Odessa Hair for Genesis 3 Female(s)
3. Gossamer Outfit for Genesis 3 Female(s)
4. サウンド 甘茶の音楽工房さんの「天使の夢」
5. 編集と出力 CyberLink PowerDirector 14 UltraとCyberLink ColorDirector4 
  c?ro=1&act=rss&output=no&id=1833890&name=tsukitaku&pid=51896524
この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:DAZ StudioのIrayレンダリング時間と質について

(ブログタイトル:月川拓海の世界)

トラックバック一覧