大きくする 標準 小さくする

この記事を書いたメンバー

月川拓海の世界

DAZ Studio Irayと3Dlightレンダリングの比較

投稿日時:2017/03/27(月) 23:32rss

動画を作るのは、iCloneが一番簡単でレンダリング時間も短くて済むというのは明らかですが、レンダリングの質という点では、なかなか満足できないでいます。

現にiClone 7にPBR(物理ベースレンダリング)タイプのシェーダーが増えたくらいでは太刀打ちできないくらい、DAZ Studio Irayレンダリングは綺麗です。ただ、あまりにもレンダリング時間が長いために実用的ではありません。

以前のテストレンダリングでは、DAZ Studioの3Dlightレンダリングは、いまいちな感じだったので動画つくりにはスルーしてきましたが、ライトの追加や影の調節方法などを学習するうちに、3Dlightレンダリングでも結構きれいにできることがわかってきたので、Irayと3Dlightレンダリングの質や時間を比較してみました。

約30秒間の動画を作るのに、Irayレンダリングでは20時間13分、3Dlightレンダリングでは2時間34分かかり、約1/10の時間で作れることがわかりました。画質はやはりIrayレンダリングの方が綺麗ですが、3Dlightレンダリングでも研究を重ねれば、よりよくなる可能性があると思います。

使わせていただいたアイテム
1. SaSi Maeko
2. Anjiru
3. Dojo
4. サウンド  おとわびさんの「めでたく候」 
5. 編集と出力  CyberLink PowerDirector 14 Ultra
c?ro=1&act=rss&output=no&id=1833890&name=tsukitaku&pid=51897044
この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:DAZ Studio Irayと3Dlightレンダリングの比較

(ブログタイトル:月川拓海の世界)

トラックバック一覧