大きくする 標準 小さくする
  • トップ
  • ブログ
  • ZBrush 4R8で加工したキャラクターをiClone 7で動かしてみました

この記事を書いたメンバー

月川拓海の世界

ZBrush 4R8で加工したキャラクターをiClone 7で動かしてみました

投稿日時:2017/07/15(土) 23:25rss

ZBrush 4R8 で加工したGenesis 3 FemaleをiClone7へ移植して動かしてみました。

3DXchange 6ではG3FやG3MのFace Keyが自動で入らなかったので、手付きでマッピングしていましたが、3DXchange 7では、G3FやG3MのFace Keyが自動で入るようになりました。

それからエクスポート時間を短縮するために、以前はDAZ StudioのTimelineのFPS設定を30→1にしていましたが、これではエラーになって出力できなくなりました。30に戻したら出力できました。30と1の間でどこまで小さくできるかなど、今後試してみようと思っています。

17.7.28(金)の補足
キャラクターや服によっては、この現象は起きず、DAZ StudioのTimelineのFPS設定を30→1にしてもちゃんと移植できるものが多いです。


使わせていただいたアイテム
1. BD Tristessa for Genesis 3 Female
2. Wilmap's Digital CreationsさんのSun Dress for G3F
3. SOTO's Vincent for The Freak 4
4. Savvas KarampalasisさんのFREE HD video backgrounds – GoPro Hero4 footage summer time beach side seamless loop 60fps
5. VOICEROID+京町セイカhttp://www.ah-soft.com/voiceroid/seika/) 
6. 編集と出力  CyberLink PowerDirector 15 Ultra

c?ro=1&act=rss&output=no&id=1833890&name=tsukitaku&pid=51900236
この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:ZBrush 4R8で加工したキャラクターをiClone 7で動かしてみました

(ブログタイトル:月川拓海の世界)

トラックバック一覧