大きくする 標準 小さくする

この記事を書いたメンバー

ジェシーの創作

ローポリ効率_法線マップーNormalMap効果 [マテリアル作成]

投稿日時:2017/08/03(木) 12:00rss

ハイポリゴン形状≒ ローポリゴン+NormalMAP
低スペックモデルからハイスペックに近づける事が目的


VIvMZEaLx1rlBlWyuTN.jpg


方法

細かい形状 ディティールを マップ化(法線マップ)して、これを、別モデルに割り付ける。

(法線マップ::モデル表面に凹凸や溝、傷などのディティールを追加する特殊な種類のテクスチャ)



例 筋肉なしメッシュ (ベース)
BtiAeIpIbCGDLJQxpev.jpg

例 筋肉メッシュ (ディティール)
nJAQRGmLMJnTgmtBt9L.jpg

(筋肉)メッシュのディティールはメッシュ要素も増え、パフォーマンス低下に繋がるため
NormalMAPの効果で ローポリゴンのディティール化を行う。



modo 場合
レイヤ1 筋肉なしメッシュ  アクテティブ
レイヤ2  筋肉メッシュ 非アクティブ (黒ワイヤーフレーム表示)
UbsDbmFKwsoJLgyMwBP.jpg

割り当てベースの (筋肉なし)メッシュにはUVマップは展開の事。

新しい画像を作成して法線モード(modo機能)
この画像を 「テクスチャへベイク」(modo機能)
筋肉の 法線マップのレンダリング画像が作製

7X9GOkI9cbBzoOGtHS7.jpg


この法線マップを ローボリゴンモデル(おなじUV展開モデル)に貼り付ける


5LPm93N63rAacOokg45.jpg

ローポリゴンに 筋肉(ディティール)表現


番外編
スカルプトツールなどで怖い顔作って ローポリに法線マップを割り当てました。

gR3ewcVMEVEoewzq3Bs.jpg

トラックバック一覧