大きくする 標準 小さくする

この記事を書いたメンバー

月川拓海の世界

Michael 8 Pro Bundleの情報

投稿日時:2017/08/28(月) 17:39rss

DAZ 3Dで買った素材は、DAZ 3D Install Managerで管理できるので、とても便利です。Productsの右端にある丸の中に「i」が入っているボタンを押すと、買った素材の情報にアクセスできて、この素材がどのフォルダーに入っているのかがすぐにわかります。iCloneに移植してテクスチャだけを変えたい時にも大いに利用できます。

しかし、それとは別に月川は、素材をいつ買ったかを記録した「素材カタログ」とiCloneに移植した結果を記録した「キャラクターカタログ」をつくっています。それによって、いつ買った何という素材が何円で、どれだけポリゴン減数してiCloneに移植できたかがわかります。実験ノートのようなものですね。

Michael 8 Pro Bundleでは、すべての素材がポリゴン減数をせずにiCloneに移植できました。キャラクターは、ヘアをつけずに出力するのが基本なので、ヘアなしでの結果です。ヘアの中では一番ポリゴン数の多いAxelヘアと服の中では一番ポリゴン数の多いDark Prince服を着せた総ポリゴンが1095443ポリゴン、つまり約100万ポリゴンのキャラクターが移植できるかどうかを確かめようとしましたが、DAZ StudioからFBX形式で出力する時点でエラーが起きたので確かめることはできませんでした。

下の画像は、Genesis 8 Basic MaleとMichael 8 Pro Bundleに入っているキャラクターです。()内の数字はポリゴン数です。
? 顔の一覧
左から Genesis 8 Basic Male(32896)、Michael 8(33096)、Quinton(32896)、Zander   (32896)。 Genesis 8 Maleでは睫毛が別扱いになっていて、504ポリゴンあります。Michael 8だけ全体のポリゴン数が多いのは、睫毛が704ポリゴンあるからです。Michael 8は全体的に大きく、104%になっています。
右2体の肌の色が微妙に違っています。

下の画像は、Michael 8 Pro Bundleに入っているヘアです。()内の数字はポリゴン数です。
? ヘアの一覧
左から Armani Hair(32554)、Axel Hair(935192)、Morley Hair(211328)。リアルなヘアですが、ポリゴン数が驚くほど多いので、動画では使いにくいです。
 
下の画像は、Michael 8 Pro Bundleに入っている服です。()内の数字はポリゴン数です。
?服
左から Basic Wear(19234)、Comtemporary Romeo(63165)、Dark Prince(132071)、GymWear (34452)、Henley Outfit(61737)、Aci-Fi Settler(98847) 

下の画像は、Michael 8にGenesis、Genesis 2 Female、Genesis 3 Femaleの一般的な服を着せたものです。
? 女服の一覧
左から、Michael 8にGenesis Femaleのヘアと服を着せたもの、Genesis 2 Femaleのヘアと服を着せたもの、Genesis 3 Femaleのヘアと服を着せたものです。ちゃんと着せられ、iCloneに移植しても問題なく動かせました。Male用のアイテムを着用させても同様でした。

しかし、Michael 8にGenesisの振袖を着せると、まともに着用できませんでした。
下の画像は、Michael 8にGenesisの振袖を着せたキャラクターで、上からDAZ Studio、3DXchange、iClone 7 中です。
? 振袖いずれもまともに着用できていませんでした。袖のボーンやウエイトマップを修正すればいいのかもしれません。

Michael 8は、Genesis~Genesis3までの服を男女関係なく、(例外もありますが)だいたい着せることができる、全く新しく有用なアイテムであることが分かりました。Victoria 4やMichael 4などの旧世代の服は着せることができませんでしたが、旧世代の服やモーフも使えたら、さらに素晴らしいのにな~と思いました。 c?ro=1&act=rss&output=no&id=1833890&name=tsukitaku&pid=51901398
この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:Michael 8 Pro Bundleの情報

(ブログタイトル:月川拓海の世界)

トラックバック一覧