大きくする 標準 小さくする
  • トップ
  • ブログ
  • 月川拓海のiClone講座:PropをDAZ StudioからiCloneへFBX形式で出力するメリット

この記事を書いたメンバー

月川拓海の世界

月川拓海のiClone講座:PropをDAZ StudioからiCloneへFBX形式で出力するメリット

投稿日時:2017/09/17(日) 17:30rss

月川拓海のiClone講座です。PropをDAZ StudioからiCloneへFBX形式で出力すると、メリットがあります。

PropをDAZ StudioからiCloneへOBJ形式で出力すると、全部が結合されて1個の塊になってしまいますが、FBX形式で出力し、3DXchangeの中で、分離したいObjectをSub-PropにしておくとiCloneに移植後も自由に動かせるようになります。

[具体的な方法]
1. PropをPropとしてDAZ StudioからFBX形式で出力します。
2. 3DXchange では、分離したいObjectを選択してModifyのMake Sub-Propにチェックを入れておきます。
3. iCloneに移植すると、分離しておいたObjectがメインのPropにAttachされた状態になっています。
 このAttachされているObjectは、自由に動かせます。

例として、sugatakさんの福建土楼(Fujian Tulou Fortress Bundle)をDAZ StudioからiCloneに移植した時の画像を貼り付けておきます。クリックすると拡大できます。

1出力設定
上の画像は、DAZ StudioからのFBX形式での出力設定です。

2 OBJの3DXchange
上の画像は、OBJ形式で出力したデータを3DXchangeで開いた時。全体が1個の塊になっています。

3 OBJの iClone
上の画像は、上のデータをiCloneに移植したもの。個別のObjectを動かすことはできません。

4 FBXの3DXchange
上の画像は、FBX形式で出力したデータを3DXchangeで開いた時。DAZ Studioの時の階層が保たれています。
分離したいObjectを選択して、Modifyの赤矢印の先の「Make Sub-Prop」をクリックしておきます。

5FBXの iClone
上の画像は、上のデータをiCloneに移植したもの。イスなど、個別のObjectを動かすことができます。

豚とニワトリを削除した福建土楼のデータの大きさは以下の通りです。
最終的には、FBX形式で出力したiPropの方が若干データが大きくなりますが、1.5倍ほどなので、シーンの中で物の配置を変えたい場合はFBX形式で出力した、階層をもったPropの方が使いやすいと思います。

 Fukken.obj:77.3 MB
 Fukken.fbx:45.7 MB
 OBJ形式で移植したFukken.iProp:111 MB
 FBX形式で移植したFukken.iProp:167 MB
(注)豚とニワトリを削除したのは、動かすことができる豚やニワトリをiCloneで入れるためです。

上のKemal Topalさんの動画では、Cinema4DからFBX形式で出力した車を3DXchangeの中でタイヤやドアを個別に動かしておられます。同様のことはDAZ StudioからFBX形式で出力した車でもできます。iCloneに移植後もタイヤを動かすことができます。 c?ro=1&act=rss&output=no&id=1833890&name=tsukitaku&pid=51901923
この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:月川拓海のiClone講座:PropをDAZ StudioからiCloneへFBX形式で出力するメリット

(ブログタイトル:月川拓海の世界)

トラックバック一覧