大きくする 標準 小さくする

この記事を書いたメンバー

月川拓海の世界

CLIP STUDIO PAINTを使ってみました

投稿日時:2018/01/14(日) 22:23rss

Zbrushでは、実際にはどのようにして色塗りをしておられるのかをZbrushのエキスパートの方に伺ったところ大雑把なペインティングでアタリを付けた段階でPhotoshopに移行する」という方法をとっておられることがわかりました。

アイラインや眉毛など、細かい部分を綺麗に描きこむには、Photoshop以外の2Dのお絵かきソフトも必要になってくるかなと思って、たまたま目にしたCLIP STUDIO PAINTについて調べてみました。

上の動画はCLIP STUDIO PAINT お絵描き講座です。

CLIP STUDIO PAINTは、シェアNo.1のペイントツールで、プロの方も多く使っておられるそうです。ダウンロード版が5000円と安いので買おうかなと思って調べてみると、なんと月川自身がすでに持っていました (^_^;)

CLIP STUDIO PAINTは、何年か前にComic studio EX3.0を持っていた人全員が無料でもらえた時があったのです。その時、一度か二度使って、なんだか面白くなさそうと思って放置していたソフトでした。(そういえば、Comic studio EX3.0も数回しか使っていませんでした。)

CLIP STUDIO PAINTについて調べ直して、実際に少し使ってみると、すごくいいソフトであることがわかり、見直しました。

おまけに最新バージョンの1.72にアップデートしたら、お年玉として 2018 CLIPPY(独自通貨)がもらえたのです。

CLIP STUDIO PAINTは、ペンの種類や素材が多く、素材は、商用・非商用どちらでも使え、作者さんの名前を表示しなくてもよいというのも魅力です。再配布は禁止されています。

難点としては「動作が重い」と書いてありましたが、重いソフトに慣れているので、気になりませんでした。

無料素材を出品すると、100 CLIPPYもらえます(1回/日)。

月額 200 GOLD(200円)を支払ってGOLD会員になると、毎月1,500 CLIPPY + 契約月数に応じたCLIPPYをプレゼントされます。そして毎月獲得できるCLIPPYが20CPずつ増えていくそうです。マイCLIPPYは獲得から6か月後の月末に失効しますが、GOLD会員になると有効期限が来てもマイCLIPPYは失効しないそうです。

昨日から今日にかけて、たくさんの無料の素材をダウンロードし、ふじ祭り和柄【牡丹に扇子】ブラシセット和柄【菊と松雲】ブラシセットなどをいただいたCLIPPYで買いました。

顔や服のテクスチャを描くのにこのソフトを使っていきたいと思っています。
 
                  CLIP STUDIO PAINT作業画面

CLIP STUDIO 1

c?ro=1&act=rss&output=no&id=1833890&name=tsukitaku&pid=51905158
この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:CLIP STUDIO PAINTを使ってみました

(ブログタイトル:月川拓海の世界)

トラックバック一覧