大きくする 標準 小さくする

この記事を書いたメンバー

月川拓海の世界

DAZのG8FをiCloneに移植してアニメをつくる方法

投稿日時:2018/02/22(木) 21:33rss

DAZのGenesis 8 Female(G8F)をiCloneに移植して、Mixamoのフリーモーションでアニメーションを作成する方法が、Reallusionから動画としてYouTubeにアップされたので下に貼り付けておきます。1時間38分もある長い動画です。


キャラクターのカスタマイズ部分が特に重要だと思うので、メモしておきます。
・ビデオの18分頃から3DXchangeでの目の設定が出てきます。
   Cornea(角膜)  :BumpのOpacityを5、Specularを500、Glossnessを8    
   Eyemoisture(涙):BumpのOpacityを5、Specularを500、Glossnessを60
   Irises(虹彩)は、Bumpが移植されていないのでDAZのBump画像をコピーしStrengthは100にする。
   同様に、Bump画像のない Sclera(鞏膜、白目の部分です)もDAZのBump画像をコピーしてデスクトップに保存して該当箇所にぺーストしています。ScleraのBumpは強さを25にする。
   Faceは水色のtiff形式のNM(ノーマルマップ)をpng画像に変換してBumpに入れ、Specularもコピー&ペーストして該当箇所にペーストしておく。
・ビデオの30分頃に目のボーンマッピングの説明:lEyeとrEyeにマッピング
・ビデオの35分頃にMixamoモーションの移植の説明
・ビデオの40分頃にiCloneに移植してからのキャラクターのカスタマイズ
   Cornea:Ruoghnessの明るさを-100
   Irises :Ruoghnessの明るさを31
   Sclera :Ruoghnessの明るさを14
   Eyemoisture:Metalicを-56
   CorneaとIrisesのReflectionにチェックを入れる
   さらに
   Cornea:Metalicの明るさを100、Contrastを20にする
   Face  :Ruoghnessの明るさを-30
   Torso :Ruoghnessの明るさを-30
   Face  :BumpのContrastを53

★月川は、日常的にG8FをiCloneに移植していますが、このような面倒くさいことはしていません。
皴や瞼の弛みなどがリアルに反映されるキャラクターよりも、人形のようなツルツルの美肌が好きなためです。でも、目の角膜、虹彩、白目の部分などはBumpのOpacityやSpecular、Glossnessなどを好みになるようにスライダーで調節しています。
しかし、リアル系のキャラクターが好みの方は、まずは上の動画に忠実にカスタマイズされることをお勧めします。

なお、参考のためにG2MやG3FのiCloneへの移植動画も貼り付けておきます。


c?ro=1&act=rss&output=no&id=1833890&name=tsukitaku&pid=51906232
この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:DAZのG8FをiCloneに移植してアニメをつくる方法

(ブログタイトル:月川拓海の世界)

トラックバック一覧