大きくする 標準 小さくする

この記事を書いたメンバー

月川拓海の世界

ZBrushCoreとZBrush

投稿日時:2016/11/21(月) 17:18rss

ZBrushCoreは、ZBrushの廉価版で、ZBrushの入門用バージョンです。
ZBrushの現在の価格は795ドル(約80,000円)なのに対して、ZBrushCoreは、ソフト単品を購入した場合は149.95ドル(約15,000円)で、差額ほどの料金を支払えばフルバージョンの「ZBrush」へのアップグレードが可能だそうです。

また、ZBrushCoreが付いたWacom Intuos 3Dという板型ペンタブレットが、19,800 円(税抜)で販売されています。Wacom Intuos 3Dには、ZBrush Core以外に、USBケーブルと3Dプリンター出力サービス「DMM.make 3D PRINT」造形割引クーポン・最大3回(ダウンロード提供)もついています。

月川は、ZBrush体験版を45日間使って、いいソフトであることを実感しましたが、日本語版がない上、機能が多すぎて使いこなせず、すぐに買おうという気にはなりませんでした。

ZBrushCoreは、ZBrushと比べると機能制限が多いです月川にとって致命的なのは、FBX形式のデータの出入力ができないこと、自動リトポ機能がないこと、UVマッピング機能がないことです。

これではとても買う気になれないのですが、利点もあります。
値段が安いこと、日本語表示ができること、ソフトのボタンの上をポイントすると近くに説明のキャプションが表示される(これはZBrushCoreの独自機能)、使い方を日本語で解説したサイトやチュートリアル動画、レビューがたくさんあることなどです。

次のサイトはZBrushCoreを学習する時に非常に役に立つと思うので、リンクしておきます。
3Dを描こう!
ZBrushCore超入門講座 第1回~第5回までのダイジェスト編。生徒も参加!
ZBRUSH LESSONS : ZBRUSHCORE これは英語

ZBrushCoreに関するレビューや動画集もリンクしておきます。
3Dスカルプトソフト「ZBrush Core」が付いた板型ペンタブレットエントリーモデル!「Wacom Intuos 3D」レビュー!
【2万円で始めるフィギュア製作】ワコム「Intuos3D」体験レポ!「ZBrushCore」に触ってきましたよ!!
知識ゼロの初心者でも3Dモデリングしたくなったワコム「Intuos 3D」体験レポ
ZBrushCore買ったらやってみよう!ZBrushCoreを使ったキャラクター作成等のチュートリアル動画集
Pixologic『ZBrush』の廉価版『ZBrushCore』詳細が判明
ZBrushCore 詳細発表! - デジタル造形特化の低価格版!日本語対応!149.95ドルで10月14日発売!機能比較表あり

これらの利点を見ていると、ZBrushCoreを十分に使いこなして、なおかつZBrushも使うというのが最良の方法であるように思います。つまり、ZBrushとZBrushCoreのどちらを買おうかと迷うのではなく、どちらも買うというのが結論でした。生命保険のCMで綾瀬はるかさんが宣伝しておられる「どっちも」という心境です。

なので、今使っているタブレットが古いので、タブレット付きのWacom Intuos 3Dを買うことにしました。19,800 円(税抜)ですが、税込みだと21384円になります。アマゾンでの現在の最安値は19434円だったので、早速注文しました。到着は12月10日から1月13日になるそうです。在庫がないためか、到着までにずいぶん時間がかかります。クリスマスまでには欲しいなあ~

「ZBrush」へのアップグレードが可能になれば、すぐにアップグレードするつもりです。アップグレード料金がいくらになるのかは、まだアナウンスされていませんが、差額よりも高くなることはないと思うので、両方のソフトを使ってモデリングを楽しみたいと思います。

今日の月川の絵は、今の心境をiCloneで描いたものです。

                       どっちも

どっちもの
c?ro=1&act=rss&output=no&id=1833890&name=tsukitaku&pid=51892847
この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:ZBrushCoreとZBrush

(ブログタイトル:月川拓海の世界)