大きくする 標準 小さくする

この記事を書いたメンバー

月川拓海の世界

iClone5 Pro 日本語版が無料配布キャンペーン中です

投稿日時:2018/04/28(土) 20:23rss

banner_504x324

平成30年4月1日から平成30年12月31日まで、iClone5 Pro 日本語版が無料配布されています。
Reallusionに会員登録したら、誰でももらえます。サポートは日本語でしてもらえます。

現在のバージョンはiClone 7なので、iClone5といえば 2バージョン前のソフトですが、使い方が簡単なので、iCloneの入門用には最適です。3年ほど前には英語版のiClone5 Standardが無料配布されたことがあります。Standardと比べると、Proの方は、より高度な作業ができるので、おすすめです!

なお、iClone5へDAZやPoser、MMD、Shadeなど、他のソフトの素材を移植しようと思ったら、iClone 3DXchange5が必要です。3DXchange 5 Pipeline 体験版 (30日間試用可能)のリンクが上記のiClone5 Pro 日本語版の無料配布サイトの中にあるので、ダウンロードしておくと便利です。

このキャンペーンに関連して、Hirospotさん(Hiro Nakazawaさん)が特設サイトをつくってくださったので、非常に役立つと思います。

★月川もiCloneに関して参考になりそうな記事や動画 をまとめてみようと思いましたが、Hirospotさんのレポートが完璧すぎて、かぶってしまう内容になってしまうので、Hirospotさんのレポートには掲載されていないクリエイターさんの紹介をしておこうと思います。

nihontenjinさん(lord_nihonさん)
日本におけるiCloneの先駆者で、月川が敬愛している師匠。
時代劇や宇宙物、ミュージックビデオ、超能力少女の物語など多方面に渡る独創的な作品があります。
iClone以外にもPoserやBlender、Unityなどでも動画をつくっておられます。
最近はゲームも作っておられます。
「幕末 事件簿 生麦事件」は、特に印象的なので、ここに貼り付けさせていただきます。


まつばらあつしのグラフィックでShow
 iClone 5を初めて使われた方のブログ。初心者目線で書かれているので、入っていきやすいと思います。

なお、iClone5ではなくiClone 6ですが、初心者の面白い動画があります。

【瀬戸の3D寸劇】第1話「瀬戸弘司、とうとう3DCGに手を出す」

【瀬戸の3D寸劇】第2話「重力を操る女」
【瀬戸の3D寸劇】第3話「言えない」もあります。

趣味の伝道さん:Unityとの連携に関する有益な記事などがあります。
                        
iCloneの弱点は、昔は、質感のリアルさが不足していることと、美形キャラが少ないことだと思っていました。
iClone5以降では、美形キャラは他からいくらでも移植できるようになり、レンダリング画像はリアルになりました。
しかし、DAZ StudioのIrayレンダリングなどと比べると、動画の美しさは劣るように感じます。
このことに関して、Indigoレンダリングが導入されましたが、個人的には、Indigoは実用的とはいい難かったように思います。PCを新しくしても、Indigoは使う気にならないので、入れていません。

iClone7の今後のロードマップを見ると、Iray Renderの導入が計画されているようなので、大いに期待がもてます。
c5b19d24-f577-45cb-9141-b12d
c?ro=1&act=rss&output=no&id=1833890&name=tsukitaku&pid=51907975
この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:iClone5 Pro 日本語版が無料配布キャンペーン中です

(ブログタイトル:月川拓海の世界)

トラックバック一覧