大きくする 標準 小さくする

この記事を書いたメンバー

月川拓海の世界

3D-Coat 4.8 の体験版をダウンロードしました

投稿日時:2018/05/05(土) 23:09rss

3D-Coatは、ウクライナのAndrew Shpaginという人がほぼ一人で開発したソフトで、スカルプト機能、リトポ機能、ペイント機能が備わっているソフトです。

★3D-Coatの利点
1. ZBrushと違って、分割数を増やさずに綺麗にペイントすることが可能で、UVに依存しないテクスチャペイントが出来る。
ZBrushの場合、色塗りの精度はオブジェクト(メッシュ)の解像度に依存しているので、眉毛のような細かな部分をペイントしていく場合、顔全体のポリゴン数を100万ポリゴン以上に上げておかなければ細かく描けないので、不便でした。

2. 直感的なわかりやすい操作で、日本語対応で、PBR対応テクスチャ(カラーマップ・ノーマルマップ・スペキュラ・メタリック・アンビェントオクルーションなど)を一度にまとめてペイントできる。

月川が3D-Coatを使ってやりたいことは、キャラクターや地形のペイントです。モデリングや既存のアイテムの加工は、これまで通りZBrushでやるつもりです。

★3D-Coat 4.8 Professionalの値段
3DCoat 379ドル(約 41,311円):ここが販売元である本家です。
STEAM 43,999円:日本での代理店。
インディゾーン 49,140円:ここも日本での代理店。
 インディゾーンが1番高いのですが、調べた限りでは過去2回キャンペーンが行われていて、2017年10月10日(火)までと2018年1月9日(火)までに、35,640円になったことがあります。

★3D-Coatの解説やブログ
他ツールとの連携に絡んだ3D-COATのスカルプトフローに関して
3D-coat便利だよ?
3D-coatできることリスト
D-coatでテクスチャを描く-1
この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:3D-Coat 4.8 の体験版をダウンロードしました

(ブログタイトル:月川拓海の世界)

トラックバック一覧