大きくする 標準 小さくする

月川拓海の世界 2019/1

VRoidキャラクターをiClone 7に移植して動画をつくってみました

 written by 月川拓海 投稿日時:2019/01/17(木) 22:36

VRoidキャラクターのViviちゃんが、Blenderを経由してiClone 7にやってきました。

VRoidは、無料の3Dキャラクター作成ツールです。

VRoidキャラクターは直接Fbx形式で出力できないので、今まで、iCloneに移植することは(Unityを経由する方法などはありましたが)簡単ではありませんでした。

しかし、【Blender】Vroidのデータ(VRM)を読み込む方法によって、BlenderでVRoidのVRM形式のデータをfbx形式のデータに変換し、3DXchangeを経てiClone 7に簡単に移植できるようになりました!

ただ、Blenderから出力したfbx形式のデータを3DXchangeに読み込んだ直後は、テクスチャが適切でないので、手直しする必要があります。

下の画像は、VRoidの中。
VRoid画面
下の画像は、Blenderの中。
Blender
下の画像は、3DXchangeに読み込んだ直後。
Blender 3DXchange
テクスチャの色が薄いので、Diffuse Textureをすべて選択してStrength 80を100に上げます。
その他、眉毛、睫毛、アイライン、目、服なども手直しします。iCloneに移植してから直してもいいです。
次は具体的なテクスチャの手直しの方法です。
左は3DchangeからiClone 7に移植直後、右は手直ししたものです。
4.iCloneで手直し
眉毛、睫毛、アイライン、服にはBase Color(図の赤丸)はありますが、Opacity(透明)テクスチャ(青丸)がありません。それで、Base Colorを適当なフォルダーに出力保存しておいて、Opacityをクリックして読み込みます。Base Colorを読み込んだのに、あ~ら不思議、白抜きの画像になって出てきて、アイラインなどの黒い縁取が消えます。
眉毛、睫毛、アイラインのBase Colorは、図下の黄丸の部分の色を変えることによって黒や青に変えることができます。
5.Opacity
下の画像は、アイラインを黒に変えたものです。
肝心の目の色ですが、これはEyeHighlight(黄線)のBase Colorを適当なフォルダーに出力保存しておいて、Opacityをクリックして読み込みます。
6.Opacity
下の画像はその処理をしたものです。
7.Opacity

下の動画で使わせていただいたアイテム
1. Toon Dining Room
2. Fairytale Collection -- Fairytale Story
3. ボイスロイド 東北イタコ
4. サウンド こんとどうふぇHiLiさんの「妖精さん達の悪戯」
5. 編集と出力 CyberLink PowerDirector 17 Ultra

2019年の年賀動画ができました

 written by 月川拓海 投稿日時:2019/01/14(月) 20:57

三次さんの亥年マスコット・イノイドを使わせていただいて、2019年の年賀動画をiClone 7でつくってみました。
6年前から毎年、三次さんの干支マスコットを使わせていただいて、年賀動画をつくっています。
これまでは、だいたい1月7日までにはYouTubeにアップしていたのですが、今年はなかなかアイデアが浮かばず、試行錯誤の繰り返しで、大変遅くなってしまいました。アイデアが尽きたのか、スランプかと少々焦りました (^_^;)

それから、遅ればせながらiClone PopcornFX Essential Bundleを買ったので、ちょっと試してみました。

使わせていただいたアイテム
1. 三次さんの亥年マスコット・3Di_Inoido(イノイド)
2. Japanese Cottage
3. iClone PopcornFX Plug-in
4. Yiyi and Expressions for Genesis 8 Female
5. FWSA Giada for Aiko 8
6. Ai-chan for Aiko 8
7. HP Zhi Ruo and Parasol for Mei Lin 8
8. CO Ichigo and Ichigo Hair for Genesis 8 Female(s)
9. その他2体は、G8Fを自分で加工したキャラクター
10. サウンド おとわびさんの「夜の森の精」
11. 編集と出力 CyberLink PowerDirector 17 Ultra
年賀動画サムネイル小

DAZベンダーへの道 (28)

 written by 月川拓海 投稿日時:2019/01/01(火) 22:52

明けましておめでとうございます。
昨年から引き続き、元日も男性キャラクターの加工をしていました。

最終的には、女性キャラクターはMarryBell、男性キャラクターはJulianと名付ける予定で、テクスチャつくりにも取り掛かっています。

昨年の12月29日につくった男性キャラクターは、RareStoneさんやEJ Body Shape And Detail Morphs For Genesis 8 Male(s)という市販のモーフなどを使って作ったのですが、今日のキャラクターは、G8MをZBrushだけで加工したものです。

市販のモーフを使ってつくったキャラクターと今日作ったものが似ているのは、自分の好みを優先させたためです。
こうやって見ると、市販のモーフは、買う必要がなかったのではないかなと思います。
しかし、大きいサイズでレンダリングしてみると、ZBrushで作ったキャラクターの眼球の形が少しおかしいことに気づきました。明日、修正します。

下の絵は、左がオリジナルのG8Mで右がZBrushで加工したJulian4です。
Julian4は、オリジナルよりも小顔、釣り上がり目にし、ウエストを細くして足を長くしました。肌の色も変えています。
★比較
                   Julian4でつくった年賀状

★謹賀新年

年賀動画の方は、まだまだ先になりそうです。

<< 2019年1月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログテーマ