大きくする 標準 小さくする
  • トップ
  • ブログ
  • iCloneベンダーへの道 (7) 再びHeadshotを使って美肌を導入

この記事を書いたメンバー

月川拓海の世界

iCloneベンダーへの道 (7) 再びHeadshotを使って美肌を導入

投稿日時:2020/11/06(金) 23:01rss

CC3+の展開図を描き換える方法は、顔だけならいいのですが、体や手足の色と合わせるのが難しくて行きづまってしまいました。

そこで再び「1. Headshotを使って写真やイラストから新しい肌を導入する」方法に立ち返りました。

イラストは、CC3+の赤ちゃん肌を適用したレンダリング画像をトレースしました。試行錯誤の結果、眉毛は薄くてもないと顔として認識されないこと、睫毛はあとあと邪魔になるので付けないこと、唇の輪郭はなくても顔と認識されること、目はCC3+の赤ちゃんと同じ大きさと位置にすることにしました。かなり、味気ないイラストですが、シミ一つない肌を導入するためだけにつくったものなので、役に立ちました。

首は、イラストからは導入されず、シワだらけになるので、GIMPで展開図を修整しました。肌だけを導入したキャラクターは、かなりつまらないものですが、化粧を施すとかなり美人になりました。

形はほとんど変えていません。鼻筋を細くしたり、釣り目にしようかなと思っています。
★1 赤ん坊肌の線画 7-min

★2 線画 7を入れた-min

★3 スクリーンショット (15)-min

★4 GIMPで首のテクスチャ修整後2-min

★5 化粧した-min

★6 化粧した2-min
この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:iCloneベンダーへの道 (7) 再びHeadshotを使って美肌を導入

(ブログタイトル:月川拓海の世界)

トラックバック一覧