大きくする 標準 小さくする

この記事を書いたメンバー

月川拓海の世界

ブラックフライデーで3D-Coatを買いました

投稿日時:2020/11/28(土) 23:11rss

ブラックフライデーで3D-Coatの安売りをしていたので買いました。

販売元の3D-COATでは100ドル引きの279ドルで、代理店のインディゾーンでは36,300円だったので、販売元の3D-COATで買いました。

3D-CoatはUVセットをまたいで塗れる他、いろいろ魅力的な機能を備えたソフトです。

CC3キャラクターの肌は、目の周りが黒く、小鼻の横はくっきり赤く、口の周りが白くてマダラ肌、首には何本もシワがあります。その特徴はデジタルヒューマンとして非常に優れていると思いますが、月川の好みではなく、キャラクター制作のモチベーションが下がってしまいました。なので、その後1か月余りは美肌つくりに時間を割いてきました。

展開図に直接描きこんだり、HeadShotキャラクターの肌を移植したりしましたが、いまいち気に入ったものができていません。

3D-Coatは3Dキャラクターに直接色を塗ることができるので、大いに期待しています。

今日は試験的にCC3キャラクターに直接色を塗ってみました。

肌塗りの方法は、kobamaxさんのブログの記事「3D-Coatで Genesis8 Female のシーム消し」をお手本にさせていただきました。ありがとうございました。

下図の上左はオリジナルのCC3の顔で、上右が修整したものです。下左はオリジナルのCC3の首で、下右が修整したものです。

               3D-Coat でCC3に直接色塗り

修整前後の顔と首
この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:ブラックフライデーで3D-Coatを買いました

(ブログタイトル:月川拓海の世界)

トラックバック一覧