大きくする 標準 小さくする

この記事を書いたメンバー

月川拓海の世界

xismoでCharacter Creator 3(CC3)のヘア作成 3

投稿日時:2021/04/18(日) 18:40rss

昨日、xismoで作ったヘアをすべてフリーズして結合し、CC3でAkaneに装着してみました。

平面ポリゴンでつくっているので、頭頂部の直下に隙間があったり、顔の横のヘアが足りないといった欠点が目立ちました。

それに加えてiCloneに移植してWeight Mapをつけて踊らせてみると、髪の毛が首の辺りでギクシャクと折れ曲がるので、原因を探ってみました。

原点に戻って Character Creator の Official Developer Resource の中の CC Asset Developer Guide.pdf の中の「6 Conforming Hair Creation」の項目をよく読んでみました。

すると、次のような重要なお約束事をスルーしていたことに気づきました。
・「ヘアメッシュは、CCでその名前で指定されているため、常にRL_HairMeshという名前を付けます
わかりやすくするために、2つのヘアマテリアルの前にHairを付けます。たとえば、Hair_ScalpとHair_Stripsです。」
・「材料を両面に設定します」
・「ヘアストリップは常に頭皮メッシュに差し込んでください。ストリップを浮かせないでください。」
・「動的衝突の問題を防ぐために、各ストリップの間に小さなギャップを残します。」
・「ヘアメッシュピボットがCC_Base_Headボーンと位置合わせされていることを確認します。ヘアメッシュスキンをできるだけ少ないボーンにバインドするようにしてください。」

それから、UVマップの展開が、xismoのような正方形にそろえたものではダメっぽいことも解りました。
ダメではないのかもしれませんが、xismoのUVから作ったWeight Mapでは前髪だけが揺れすぎるので、少なくとも横や後ろ髪とはWeight Mapを別にしないといけないということも解りました。

また、xismoで一からヘアを作り直します。

今日の絵は、昨日xismoで作ったヘアをCC3に移植してマイキャラのAkaneに装着させたものです。

                  xismoで作ったヘアをつけたAkane

13正面

この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:xismoでCharacter Creator 3(CC3)のヘア作成 3

(ブログタイトル:月川拓海の世界)

トラックバック一覧