大きくする 標準 小さくする

この記事を書いたメンバー

月川拓海の世界

CyberLink PhotoDirector9で画像の加工

投稿日時:2017/10/24(火) 17:16rss

動画の編集にはCyberLink PowerDirector 16、動画の色の編集にはCyberLink ColorDirector6が手軽で便利で機能的にも優れているのでお薦めです。

写真や画像の編集には、CyberLink PhotoDirector 9が使いやすくて機能が充実しています。レタッチや補正、エフェクト、オーバーレイ、360 度カメラで撮った写真の編集など、写真や画像編集に必要なツールがたくさん収録された写真編集ソフトです。専用のサイトで無料で使えるエフェクトなどがどんどん公開されるので、自分が欲しいものをダウンロードして使うことができるのも魅力です。

今日は、昨日レンダリングした画像をCyberLink PhotoDirector9で加工してみました。

上から順に、 HDR postcard、Night light、Rainbow、WALLPAPER FILTER、Collage、Retroというダウンロードしたプリセットを使って加工しました。本の挿絵や絵本などに使えそうな風合いが気に入っています。
★HDR postcard
★Night light
★Rainbow
★WALLPAPER FILTER
★コラージュ
★レトロ c?ro=1&act=rss&output=no&id=1833890&name=tsukitaku&pid=51902919
この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:CyberLink PhotoDirector9で画像の加工

(ブログタイトル:月川拓海の世界)

トラックバック一覧