大きくする 標準 小さくする

この記事を書いたメンバー

月川拓海の世界

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」最終回を見て

投稿日時:2017/12/17(日) 22:03rss

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」は、初回から最終回まですべて見ました。

歴史の主役ではなく、端役にすぎない人物を主人公にして、どんな大河ドラマになるのかな~と、あまり期待しないで見ていましたが、なかなかの波乱万丈な人生で、ドラマチックだったので、感情移入して見ることができました。

高橋一生さんが演じられた政次が、これまでの大河ドラマにはない表裏のある人物像で、魅力を感じました。処刑シーンは圧巻でしたね。あの回が、このドラマのクライマックスだったように思います。

しかし、ドラマの後半は万千代のサクセスストーリーのようでした。これはこれでよかったのですが、楽しみにしていた本能寺の変や徳川家康の伊賀越えのシーンが省略されてしまったので、がっかりしました。

来年の1月7日(日)から2018年NHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」が始まります。

主役の西郷隆盛役の鈴木亮平さんは、精霊の守り人のヒューゴ役を演じておられる俳優さんです。教科書で習った西郷隆盛とは似ていないように感じますが、どのように役になりきっていかれるのかが楽しみです。

今日の絵は、女城主に関連させて、女武者と伊予松山城を描いてみたものです。
sugatakさんのIyo Matsuyama Castle New Versionを使わwせていただきました。
女武者Aiko7 c?ro=1&act=rss&output=no&id=1833890&name=tsukitaku&pid=51904381
この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」最終回を見て

(ブログタイトル:月川拓海の世界)

トラックバック一覧